スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いろんな意味で

考えさせられる日本選手権でしたね!!
 
 
ケガ、フライング、世代交代、そして引退・・・
 
 
たくさんのドラマがあったように思います!
 
いくら実力者であっても、力を発揮することは難しいということ、
どんなに実績があろうとスランプに陥ったりケガを克服できなかったりすること・・・。
 
 
そして、
このレースを最後にと決めて挑んだ選手たち!
 
たくさんの想いが、走った人分だけあったように感じます!
 
 
私も4年前に同じように日本選手権を最後にと決め、試合に挑んだ事を思い出しました!
 
前日は、いろんな事を考えあまり寝れなかったこと、
予選組3着になり、なんとか決勝に拾われてくれとアナウンスまでドキドキしてたこと、
決勝のレース前に「これで最後か!」と思ったこと、
為末さんの復活V、そして右手を天高く突き上げてるのを間近で見たこと、
 
いろんな事を思い出しました!
 
 
 
日本選手権はただ出る大会でもなく、見る大会でもなく、
やはり頂点を取りにいく戦いの場だと改めて感じました!
 
 
今、現役から離れ、
なんとか日本選手権の標準をきって、出場したいなと冗談半分で考えていたけど、
遊び半分で出る試合ではないと感じた!
 
 
今回は学生や若い世代に勢いがあり、世代交代という言葉で表されるけど、やっぱり同年代、後輩のみんなに頑張ってほしいと心から想う!
 
 
 
London オリンピックに出る人は、結果どうあれ、おもいきって世界と戦ってきてほしいと想う!
 
 
 
話しをガラッとかえて、
今週から北関東大会!教え子たちのインハイのかかった大会!
みんな自分の力を出せば、いけると思うよ!!
周りのライバル達だって、インハイに行きたいと強い気持ちを持ってると思うけど、
君たちはそれ以上に強い気持ちをもって、試合に挑めば
「向かう所敵なし!」だ!!
 
 
さぁー、新潟インハイの切符をサラッと勝ち取ろう!!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。