スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界陸上・・・

昨日の夜は、全世界の人がビックリした日になったにちがいない


まさかフライングで終わりなんて、非常に残念です


たらればを言っても仕方ないが、普通に走っていれば、世界記録は出ていないだろうが圧勝だったことにはちがいないと


ただ、これが勝負の世界で戦うということなんでしょう


勝つということに絶対はなく、そして勝つということはどんなレベルの試合であれ大変な事なんだと、改めて感じました


今回優勝したジャマイカのブレイク。
優勝のチャンスがまわってきたときに、しっかりと自分のものにした事が素晴らしいと思います




勝てるチャンスがあるときに、しっかりと勝て

これは、私がインターハイを勝ったときに、前日の夜に顧問から言われた一言なんですが、なぜか急にその言葉を思い出しました


どんなに強い選手だって、初めてタイトルを取るレースってのがあって、そのチャンスをしっかりとものにして、強くなったんだと思う
そのチャンスがたくさん作れるようになれば、強い一流の選手になっていけるんだろうと・・・


クラブの中学生、高校生の頑張っている選手は、全国のタイトルとか、なにかのタイトルをとれるチャンスが来たときに、しっかりと自分のものに出来るようにトレーニングを頑張ってほしいなと心から願う、そしてそういうチャンスがきた時に自分のものにしてほしいと思う


そこで結果をだせれば、一段階上のレベルにいけると思うし、自分の殻を破れると思うよ


まじで、頑張ってほしいな


今回の100mは、色々と考えさせられたレースでした



Arakawa
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。